文社協とは

文社協(文京区社会福祉協議会)とは?

社会福祉協議会は、社会福祉法に基づき「地域福祉の推進」を目的に、全国・都道府県・市区町村のそれぞれに組織されている非営利の民間団体です。

文京区社会福祉協議会(=文社協)は、昭和27年(1952年)に設立し、昭和38年(1963年)に社会福祉法人の認可を受けました。

文社協は、「だれもが安心して住みつづけられるまちづくり」のため、様々な事業を通じて地域福祉の向上と充実に努めています。

また、地域の皆さんが主体的に取り組み支えあえるまちづくりを、地域の皆さんをはじめ、民生委員・児童委員、行政、地域福祉関係者・関係団体等と一緒に進めています。

地域福祉とは?

いままでの「福祉」は、高齢者・障害者・児童福祉のように対象ごとに分かれて必要な制度・サービス等が整備されてきました。しかし、社会の変化により公的な支援だけでは対応できない課題や、対象別の制度の狭間になっている課題等が発生しています。

「地域福祉」とは、地域住民の主体的な活動を中心として、その活動を支える専門機関・行政等と連携し支えあう仕組みをつくり、多様なサービスを活用しながら、高齢になっても障害があっても、住み慣れた地域でその人らしい生活が送れる地域社会をつくっていくことです。

文社協組織図

soshikizu2016.gif

広報紙

文社協だよりを年に6回発行しています。
詳しくはこちら

ページの先頭へ